海の食育プロジェクト

フードマイレージと和食 和食と食育プロジェクト

和食

フードマイレージと和食

フードマイレージと和食について和食と食育プロジェクトが解説します、日本は海にかこまれ、畑・田んぼ・林・川・沼・山などもありフードマイルズやフード・マイレージの少ない新鮮で安心の食材が身近にあり世界にも希な食文化の多様性にも恵まれています。

フードマイレージと和食 和食と食育プロジェクト

和食と食育メニュー

フードマイレージと和食

 フードマイレージと和食について和食と食育プロジェクトが解説します。

 日本は海にかこまれ、畑・田んぼ・林・川・沼・山などもありフードマイルズやフード・マイレージの少ない新鮮で安心の食材が身近にあり世界にも希な食文化の多様性にも恵まれています。

地域で独特の食文化 和食

 地域で独特の食文化が発達した和食。日本食文化は、食材の交流が盛んでない昔しは、地域にあるものを地域で消費する食文化が発達しました、他の地域に食材や食品を運搬するにも川や海があり時間がかかり腐敗や劣化してしまいます、遠方まで運搬する為に発達したのが発酵技術です。

 また、刺身など生食も日本独特の文化かもしれません。これも魚が新鮮な内にさばき食するしかありませんでした。

 物流・冷蔵技術が発達した現在でも、卵かけごはんは日本ではあたりまえですが、海外にいる知人は日本に帰国したら卵かけごはんを食べたいと言っています。

現在日本でのフードマイレージ

 フードマイレージとは、食料の輸送量(t)と輸送距離(km)をかけあわせた指標のことですが、それと重要なことは食材運搬の場合の時間も重要な指標だと考えます。 フードマイレージは世界1位が日本ですまた、島国日本の狭い国土で物流網の発展は日本が世界一です。

江戸時代になり北前船により日本における、食材の物流も大きく変わり和食文化も大きく変わりました。

 その後、明治になり鉄道網の発達などでさらに食材物流も変わり、現在では物流も大幅し発展しています、また冷蔵技術・冷凍技術や物流中も冷蔵・冷凍技術により新鮮なままの食材物流が可能になってきています。

 現在の和食文化の発酵技術は食物の保存を目的としていましたが、現在ではうま味が重要な要素に変化してきたと考えます。