海の食育プロジェクト

海の食育とは

海の食育

海の食育とは、海の食育プロジェクトが海に関する食を中心に、日本の海産物に関する食文化、日本の文化・伝統・食育・伝統的な加工手法を見直し再発見していただく食育活動です、グローバルな現代の視点から海に関する食を見直すために新たな視点を持続的に認識していただき海の食育プロジェクトが、海に関する食育全体の話題や食育ニュースなど海と人のつながりをテーマに発信してまいります。

海の食育とは 海の食育プロジェクト

海の食育メニュー

海の食育とは

海の食育とは、海の食育プロジェクトが海に関する食を中心に、日本の海産物に関する食文化、日本の文化・伝統・食育・伝統的な加工手法を見直し再発見していただく食育活動です、グローバルな現代の視点から海に関する食を見直すために勇逸無二の新たな視点を持続的に認識していただき海の食育プロジェクトが、海に関する食育全体の話題や食育ニュースなど海と人のつながりをテーマに海の食育の情報を発信しての発信してまいります。

海の食育プロジェクト

海の食育プロジェクト

 日本は四方を海に囲まれ、四季折々の食材に恵まれ、長い年月をかけて地域の伝統的な行事や作法と結び付いた食文化を形成してきました。しかし、近年の少子高齢化や核家族化の増加などが進む中、地域社会とのかかわりの希薄化してきました。またさらに、食の多様化やグローバル化が進む中で、地域に伝わる優れた伝統的な文化や食文化は知識として希薄化し知る機会すら身近になくなっていきつつあります。

 こうした状況を踏まえ生まれたのが「海の食育プロジェクト」です。伝統的な行事や作法と結びついた食文化、地域の特色ある食文化等我が国の伝統のある優れた食文化の周知・継承を推進し、独特の風土や文化の中で育まれた日本の食文化の再確認や次世代に向けた伝承をテーマにした教育をしていくべきだと考えます。私たちの生活の中にある食育。海の食育プロジェクトの推進運動の一環として日本の文化や食文化をリアルに体感していただきたい。さらに全国各地の事例や手法を収集・発信していく中で食文化の普及啓発に係る取組についても積極的に取り上げ、日本の文化・食文化の継承に向けた機運の醸成を図る一翼を担えることが出来れば幸いだと思います。また、平成 25 年 12 月に、「和食・日本人の伝統的な食文化」がユネスコの無 形文化遺産に登録されました。この登録をきっかけに、私たち一人ひとりが、和食文化について考え、この食文化が育まれた日本のよさを文化と共に再認識するきっかけに食育などの取組を通じて、和食文化・日本文化を未来に向けて守り伝えていくことが重要だと思います。

 

海の道が私達の食をもたらした

 世界へつながる道が日本においては、海です。海が伝える食文化は海産物だと考える人が多いいと思います。
 しかし、日本で育てられている野菜も伝わってきた歴史があります、私達が今食べている野菜は民族の大移動や、貿易により海外からもたらされたものです。
 また、日本の食文化のうどんも、中国から日本にもたらせれました。またイタリアのパスタなどもシルクロードを伝いもたらされました。
 
 今の日本食文化は、世界の食材が長い年月をかけ日本の風土に根付いてきたものになります。
 

海にも四季はある

 冷凍技術の発達で、海産物は常時あるのがあたりまえの時代となっているのが現代の食文化となっていますが、海産物には旬があります。魚の漢字にそれがあらわされている魚も多くあります。

春は、鰆(サワラ)・春告魚(ニシン)、秋は秋刀魚(サンマ)、冬は、鱈(タラ)などです。

春が旬の魚は、マダイ、サヨリ、メバル、ワカサギなど。

夏が旬の魚は、スズキ、イサキ、イシダイ、キハダマグロ、メバチマグロ、マカジキ、ゴマサバ、ウナギ、アナゴなど。

秋が旬の魚は、アジ、アマダイ、カジキマグロ、カマス、金目鯛、黒鯛など。

冬が旬の魚としては、カレイ、ブリ、ヒラメ、石鯛、マグロ、牡蠣など

日本の食育・海の食育 ショッピング

日本の食育プロジェクト・海の食育プロジェクトのおすすめショッピング 本当の食材などの情報のご紹介です。

100

%

地球温暖化 日本での温度変化・海生物の環境の変化が劇的に進んでいます。

 山口県での水揚げされる水産物の動向も大きく変わりました、従来との水揚げも大きく変化しています、磯焼けも進み海洋生体の大幅に変化し激減を体感しています。
このままでは、私達と海との共存・共栄は実現できません。

SDGsを海の食育プロジェクトは支援いたします。