海の食育プロジェクト

日本の伝統料理 山口県の伝統料理

山口県の伝統料理

日本の伝統料理 山口県の伝統料理

山口県の伝統料理 日本の伝統料理について、山口県に昔から伝わる、伝統料理は地域にある食材を中心の料理ですが、現在では物流や冷凍・冷蔵技術の調理技法の発展の中どのように今後も、山口県の伝統料理を継承するかの情報発信を行います。

山口県の伝統料理 日本の伝統料理 食育ツーリズムプロジェクト

山口県の伝統料理

山口県の伝統料理 について、情報を発信してまいります。

【ふく刺し】 食材(ふぐ)
【ふぐの唐揚げ】食材(ふぐ)
【くじらの南蛮煮】食材(クジラ)
【くじらの竜田揚げ】食材(クジラ)
【うに飯】食材(うに)
【茶がゆ】食材(米、さつまいも、茶葉、塩) 柳井市、周防大島町、岩国市などの伝統料理で奈良より伝わったのが、茶粥です。東大寺の木材切り出しで伝わったと言われています。
【岩国寿司】食材(米、魚、卵、しいたけ、れんこん)
【わかめむすび】食材(米、わかめ)
【いとこ煮】食材(小豆、白玉粉、砂糖、塩)
【ちしゃなます】食材(ちしゃ、魚、味噌)  ちしゃは山口県の伝統野菜で、家庭で植えられていました。ふぐ刺しにも添え物として使われていました

引用資料 うちの郷土料理 農林水産省

山口県の地理的と伝統料理特徴

 山口県は本州の最西端に位置します。
 日本海、瀬戸内海、玄界灘(東シナ海)に囲まれています。
 北浦地区が山陰地方の西端に当たるとされています。
 山口県庁は県央部の山口市にあります、県内最大の都市は福岡県に面した下関市です。
 県西部(下関市・宇部市など)は福岡県との交流が密接で、県東部(岩国市など)は広島県との繋がりが密接です。
  長門の国と周防の国で江戸時代は長州(毛利藩)です、防長ともよばれています。周防の国と長門の国は後に毛利氏によって統治され、江戸時代には併せて長州藩と称していたことから、長州(ちょうしゅう)と呼ばれていました。

 山口県の県魚に指定されているふぐ・あんこうは南風泊市場(下関市)が日本一の市場取扱量です。ふぐの他にも海産物の資源が豊富です。

 また、地理的な関係もあり古代より中国や韓国との交流も盛んで中国や韓国からの伝統野菜の伝播もあります、長崎からの伝播のルートもあり、伝統野菜に対する取り組みも盛んです。  

日本の伝統料理