海の食育プロジェクト

日本の伝統野菜 佐賀県の伝統野菜

佐賀県の伝統野菜

日本の伝統野菜 佐賀県の伝統野菜

佐賀県の伝統野菜 日本の伝統野菜について、伝統野菜は在来品種。地方野菜とも呼ばれスローフードの流れの中で注目されているています、古くから自分達が栽培した野菜から種子の採種を繰り返し、その土地の気候風土にあった野菜として時間をかけ変異させ作られてきたものが伝統野菜です。佐賀県の伝統野菜について、情報を発信してまいります。

佐賀県の伝統野菜 日本の伝統野菜 食育ツーリズムプロジェクト

佐賀県の伝統野菜

佐賀県の伝統野菜について、情報を発信してまいります。

佐賀県は、長崎と隣接しています。長崎からの伝統野菜の伝播ルートを九州・本土などに伝える重要な場所です。

  • 女山大根

     赤身を帯びた、根と葉が赤紫ですのでアントシアニン系のポリフェノール群を含んでいます。繊維質が緻密で肉質は硬く、他の大根と比べ抗酸化作用と消化分解に優れ糖度が高い野菜です。 アントシアニン系のポリフェノールが多いいのでコンピュータ機器を使う機会が多く目が疲れ、精神的なストレスが蓄積しやすい現代社会においてや生活習慣病などの予防に効果があるといわれています。

  • 有田戸矢かぶ
    有田の南端に位置する、戸矢地区の伝統野菜です。根の上半分の表面が赤紫色でアントシアニン系のポリフェノール群を含んでいます。
  • 桐岡なす

日本の伝統野菜