海の食育プロジェクト

日本の伝統野菜 長崎県の伝統野菜

長崎県の伝統野菜

日本の伝統野菜 長崎県の伝統野菜

長崎県の伝統野菜 日本の伝統野菜について、伝統野菜は在来品種。地方野菜とも呼ばれスローフードの流れの中で注目されているています、古くから自分達が栽培した野菜から種子の採種を繰り返し、その土地の気候風土にあった野菜として時間をかけ変異させ作られてきたものが伝統野菜です。長崎県の伝統野菜について、情報を発信してまいります。

長崎県の伝統野菜 日本の伝統野菜 食育ツーリズムプロジェクト

長崎県の伝統野菜

長崎県の伝統野菜について、情報を発信してまいります。

長崎県の食生活は、古くから外国の影響を受けていました。
例えば、十六世紀後半の平戸商館、江戸時代初期の出島は唯一外国に開かれた窓口であり、ポルトガル・オランダ・中国等との交易を通じ、本県独特の食文化が生まれました。
長崎県は、このような歴史的背景を持つことから、外国から伝来した野菜が多くあります。この長崎独特の食文化と多種多様な野菜が見事に融合し、伝統野菜の産地ができあがったてきたのです。
外国からまず最初に本県に伝来した野菜として、「長崎赤かぶ」「唐人菜」等の野菜のほか、慶長年間の「ばれいしょ」、承応時代の「いんげん」、江戸時代後期の「いちご」等があります。

  • 長崎赤かぶ
  • 唐人菜
  • 長崎紅大根
  • 辻田白菜
  • 長崎たかな
  • 長崎長なす
  • 大しょうが
  • 夏ねぎ
  • わけぎ
  • 枝折れなす
  • 雲仙こぶ高菜
  • 木引かぶ
  • にんにく(壱州早生)
  • からこれんこん
  • もちとうもろこし
  • こんにゃく 

出典 長崎県農産園芸課

日本の伝統野菜