海の食育プロジェクト

海の食材辞典 アカモク(あかもく)

海の食材辞典

海の食材辞典 ワカメ(わかめ)について掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はワカメ(わかめ)についての解説です。

海の食材辞典 アカモク(あかもく)

アカモク(あかもく) 英名:Sargassum horneri

 アカモク(あかもく)は、褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻です。アカモクは、北海道(東部を除く)から日本列島全土の漸深帯(浅海)に分布し、海外では朝鮮半島、中国及びベトナム北部にまで分布します。アカモクは、1年生で、秋から冬に生長し、4-7mの長さに達すものまであります。アカモクは、雌雄異株です(まれに雌雄同株の個体があります)。 アカモクは、秋田県では「ギバサ」、山形県では「銀葉藻(ギンバソウ)」、新潟県では「長藻(ナガモ)」と呼ばれ各地で食用にされる海藻です。

アカモク(あかもく)について知ってみよう

【アカモク(あかもく)の特徴】

 アカモク(あかもく)は、ホンダワラ科に属する海藻の一種で下記のような特徴を持っています。

  1. 色と外観: アカモクは赤褐色や黄褐色をしており、細長い帯状の葉を持つことが特徴です。葉は細くて柔らかいですが、長さは数十センチメートルに達することもあります。

  2. 生息地: アカモクは岩礁や岩の割れ目、海藻の森などの岩礁域に生息しています。特に、寒冷な海水が流れ込む沿岸地域が好まれます。

  3. 成長速度: アカモクは比較的速い速度で成長します。適切な環境条件下では、1か月で30センチメートル以上成長することもあります。

  4. 栄養価: アカモクは食用としても利用されることがあります。栄養価が高く、ミネラル(特にカルシウム、マグネシウム、鉄)、ビタミン(特にビタミンC、ビタミンK)などが豊富に含まれています。

  5. 繁殖方法: アカモクは季節的に繁殖します。通常は春から夏にかけて繁殖が盛んで、無性生殖によって増殖します。また、アカモクは他の海藻や生物の上に付着して生育することもあります。

  6. 環境への影響: アカモクは生息地の生態系に重要な役割を果たしています。岩礁域においては、他の生物の生育や避難場所としての役割を果たし、一部の生物の餌としても利用されています。

 アカモクの特徴ですが、種によって微妙な違いがあることもあります。また、アカモクは海洋生物の多様性と持続可能な海洋資源の一部として海の生態系を維持するために重要な存在です。

 
 
 

【アカモク(あかもく)生態】

アカモク(あかもく)の生態については、様々なことがわかっています。

  1. 生息地: アカモクは一般的に岩礁や岩の割れ目、海藻の森などの岩礁域に生息します。特に、寒冷な海水が流れ込む沿岸地域が好まれます。日本や韓国の沿岸地域ではよく見られる海藻の一種です。

  2. 成長: アカモクは年間を通じて成長しますが、春から夏にかけて成長が最も活発になります。適切な環境条件下では、1か月で30センチメートル以上成長することもあります。

  3. 繁殖: アカモクは季節的な繁殖を行います。通常は春から夏にかけて繁殖が盛んで、無性生殖によって増殖します。アカモクの一部は他の海藻や生物の上に付着して生育することもあります。

  4. 影響: アカモクは生息地の生態系において重要な役割を果たしています。岩礁域では他の生物の生育や避難場所としての役割を果たし、一部の生物の餌としても利用されます。また、アカモクは海底に根を張ることで、波の力を和らげる役割も果たしています。

  5. 食物連鎖: アカモクは光合成によってエネルギーを得ることができるため、様々な生物の食物連鎖において重要な役割を果たしています。例えば、アカモクには小魚や甲殻類などの小型海洋生物が集まり、それらを捕食する大型魚や鳥類のエサとなることもあります。 

 
 
 

【アカモク(あかもく)の産地と旬】

 アカモク(あかもく)は日本各地の沿岸地域でよくみられる海藻です。主な漁場は北海道や東北地方の太平洋岸や日本海岸など、主に寒冷な海水が流れ込む沿岸地域でアカモクが生息しています。特に北海道の函館や洞爺湖、秋田県の男鹿半島、宮城県の女川などが有名な産地です。昔から、各地で食されて来ました。

 アカモク(あかもく)の旬は一般的に春から夏にかけてです。成長が最も活発になる時期であり、特に春から初夏にかけてアカモクの収穫が盛んに行われます。この時期にはアカモクの量が最も多く、品質も良いです。
 ただし、産地や気候条件によっても旬の時期は異なる場合があります。地域によっては冬季にも収穫されることがあります。また、近年では技術の進歩により、京都府などではアカモクの栽培・養殖が行われることもありますので、一年中市場で入手できることもあります。

 アカモクは季節ごとの変動があるため、新鮮な状態で楽しむためには旬の時期に収穫されたものを選ぶことがおすすめです。

 
 
 

【アカモク(あかもく)の目利き(選び方)と料理】

 アカモクを選ぶ際の目利きと、アカモクを料理する方法について説明します。

目利きのポイント:

  1. 色と外観: アカモクは一般的に赤褐色や黄褐色をしています。新鮮で健康なアカモクは色鮮やかで、傷や変色していないことを確認しましょう。また、アカモクは柔らかく崩れやすいので、破れや折れのないものを選ぶことが重要です。

  2. 香り: アカモクは新鮮な状態であればほのかな海の香りがします。腐敗臭や不快な匂いがある場合は避け、新鮮なものを選びましょう。

  3. 湿度: アカモクは湿度の高い環境で保管する必要があります。買い物する際には、水分を保持しているアカモクを選びましょう。乾燥してしまったものは風味が損なわれている可能性があります。

料理の方法:

  1. 水洗い: アカモクは海藻なので、まずは水洗いを行います。冷水ですすぐと、アカモクの表面の砂や塩分を取り除くことができます。必要に応じて、茎の部分の繊維を取り除くこともできます。

  2. 調理方法: アカモクはさまざまな調理方法に適しています。例えば、アカモクスープや煮込み料理、炒め物、サラダ、刺身などに利用することができます。スープや煮込み料理ではアカモクが柔らかくなるまで加熱し、炒め物では香ばしく仕上げるために高温で短時間調理することが一般的です。

  3. 調味料: アカモクの風味を引き立てるために、ごま油やしょうゆ、酢、わさび、にんにく、唐辛子などを使うことがあります。また、アカモク自体にも独特の風味があり、シンプルな調味料で味わうこともできます。

アカモクは柔らかく食感が良く、豊富な栄養素を含んでいるため、さまざまな料理に活用されています。好みや料理の種類に応じて、アカモクを上手に取り入れてみてください。

写真出典:大和食品株式会社の製造(アカモクの佃煮)

写真出典:大和食品株式会社の製造(アカモクの佃煮)

 
 

【アカモク(あかもく)がスーパーフードと言われる理由と将来への可能性】

 アカモクが栄養豊富なスーパーフードとされる理由は、その豊富な栄養価によります。アカモクが栄養豊富なスーパーフードとされる主な理由を下記に挙げてみました。

  1. ミネラル: アカモクにはカルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。特にカルシウムは骨や歯の形成に重要な役割を果たし、マグネシウムは神経や筋肉の正常な機能をサポートします。

  2. ビタミン: アカモクにはビタミンC、ビタミンK、ビタミンEなどの抗酸化作用のあるビタミンが含まれています。ビタミンCは免疫機能のサポートやコラーゲンの生成に関与し、ビタミンKは血液凝固や骨の健康に重要な役割を果たします。

  3. 食物繊維: アカモクは食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境の改善や消化の促進に役立ちます。食物繊維はまた、血糖値の上昇を緩やかにし、食事の満足感を高める効果もあります。

  4. タンパク質: アカモクには必須アミノ酸を含む良質なタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は体の組織の構築や修復に重要な役割を果たし、健康な肌や髪の成長にも寄与します。

  5. 抗酸化物質: アカモクにはフコキサンチンという抗酸化物質が含まれており、細胞の酸化ストレスから身体を保護する効果があります。抗酸化物質は細胞のダメージを軽減し、炎症を抑制する働きもあります。花粉症やその他の病気にも効果かあるとも言われ研究が続けられています。

 これらの栄養素がバランスよく含まれているため、アカモクは栄養価が高く、健康への様々な効果をもたらすスーパーフードとされています。ただし、個々の栄養価や効果は食品の品種や成長条件によって異なる場合があることはご了承下さい。

 このようにアカモク(あかもく)は、将来的に限りなく明るい可能性を持つ食材になるかもしれませんね。

◆アカモクについて、静岡県水産技術研究所事業報告から発表された記事です。  https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8879703/

アカモク(あかもく)の購入をご検討の皆様

企業様向けご相談は下記の大和食品株式会社に

大和食品株式会社:山口県仙崎漁港仲買:目利きの仲買で季節にあった・用途にあったアカモク(あかもく)の販売を行なわれています。日本一のアカモク目利き企業

個人様向けご購入は下記のショッピングサイトに

ネットショッピング:心を癒すお料理研究家 本保圭一郎が自信を持って皆様にご紹介いたします。:季節にあった・用途にあったアカモク(あかもく)の販売をしていますので閲覧してみて下さい。日本一のアカモク目利き人

日本の食育・海の食育 ショッピング

日本の食育プロジェクト・海の食育プロジェクトのおすすめショッピング 本当の食材などの情報のご紹介です。

海の食材辞典 一覧

海の食材辞典 一覧の記事・お知らせ・関連記事です。

食品成分データベース
食育食材辞典

食品成分データベース紹介

食品成分データベース紹介を追加しました、食品成分に関するデータベース 食品学,栄養学,農学,医学,化学分析学,醸造学,高分子化学,冷凍工学,輸送学といった多くの分野の研究者に必要とされるます、共有されるべき重要なデータベースです。各専門分野の研究者予防医療学から、栄養士,調理師,教育関係者はもとより一般家庭においても利用されます。

Read More »
海の食育プロジェクト
食育食材辞典

稲盛和夫 生き方 環境破壊

海の食材辞典 稲盛和夫 生き方 環境破壊を追記しました、海の食材辞典で地球温暖化について発信しています、その中で稲盛和夫先生の 生き方 環境破壊について語られいます。人類は驕り環境破壊についても真剣に考える必要がある教えです。

Read More »
海の食育プロジェクト
食育食材辞典

ブルーカーボンについて

海の食材辞典 ブルーカーボンについて掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はブルーカーボンについての解説です。

Read More »
海の食育プロジェクト
地球温暖化

日本の磯焼けについて

海の食材辞典 日本の磯焼けについてについて掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回は日本の磯焼けについてについての解説です。

Read More »
イサキ(いさき)
食育食材辞典

海の食材辞典 イサキ(いさき)

海の食材辞典 イサキ(いさき)について掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はイサキ(いさき)についての解説です。

Read More »
ケンサキイカ(剣先イカ)
食育食材辞典

海の食材辞典 ケンサキイカ(剣先イカ)

海の食材辞典 ケンサキイカ(剣先イカ)について掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はケンサキイカ(剣先イカ)についての解説です。

Read More »
海の食材辞典 オキナワモズク(沖縄もずく)
食育食材辞典

海の食材辞典 オキナワモズク(沖縄もずく)

海の食材辞典 オキナワモズク(沖縄もずく)について掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はオキナワモズク(沖縄もずく)についての解説です。

Read More »
海の食材辞典 ヒジキ(ひじき)
食育食材辞典

海の食材辞典 ヒジキ(ひじき)

海の食材辞典 ヒジキ(ひじき)について掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はヒジキ(ひじき)についての解説です。

Read More »
海の食材辞典 アカモク(あかもく)
食育食材辞典

海の食材辞典 アカモク(あかもく)

海の食材辞典 ワカメ(わかめ)について掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はワカメ(わかめ)についての解説です。

Read More »
海の食材辞典 ワカメ(わかめ)
食育食材辞典

海の食材辞典 ワカメ(わかめ)

海の食材辞典 ワカメ(わかめ)について掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はワカメ(わかめ)についての解説です。

Read More »
海の食材辞典 モズク(もずく)
食育食材辞典

海の食材辞典 モズク(もずく)

海の食材辞典 モズク(もずく)について掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はモズク(もずく)についての解説です。

Read More »
海の食材辞典 なまこ( ナマコ)
食育食材辞典

海の食材辞典 なまこ( ナマコ)

海の食材辞典 なまこ( ナマコ)について掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はなまこ( ナマコ)についての解説です。

Read More »
海の食材辞典 さざえ
食育食材辞典

海の食材辞典 さざえ(栄螺)

海の食材辞典 さざえ(栄螺)について掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回はさざえ(栄螺)についての解説です。

Read More »
海藻と海草の違い
食育食材辞典

海の食材辞典 海藻と海草の違い

海の食材辞典 海藻と海草の違い掲載、海の食材辞典では海産物を中心とした魚・海産物全般・海産物の発酵調味料など伝播の歴史・機能性についての情報の発信を行います。今回は海藻と海草の違いについての解説です。

Read More »